正月雑感

年末年始、久々に外にでる機会が多くなり、今まで余り見かけなかったいくつかのことに気付いた。

乗り物などでスマートフォンをしている人が多いことは相変わらずだが、タブレットを持った人を外出の度に1、2人見かける。カメラを持った人が激減してスマホを不自然な格好で不器用にかざして撮っている。思いもつかない対象物を撮っていたりするのも驚く。飲食店で出てきたものを撮っているのは前から話題になっているけど、思いもかけぬ年齢の方がバス停の時刻表を撮っていたり、若いお嬢さんが神妙な顔をして地下鉄の駅の大きな路線図にスマホを向けていた。

また、中高年の方が多い。スーパーでもコンビニでも、街を歩いていてもご夫婦で歩いておられる方が多くなった。手をつないでいる方や腕を組んでおられる方も見受ける。

外国人が多くなった。ヨーロッパの方は顔で分かる方も多いけど、すれ違った時に聞こえてくる言葉が外国語だったりして、外国人なんた、と後で気づいたりする。近隣でも見かける方が多くなってきている。

書店の独自性

朝日新聞に掲載された記事「書店は主張しちゃダメですか「民主主義フェア」の波紋」(2015/11/5)によると、

“「自由と民主主義」をテーマに開催していたブックフェアを、ネット上の「偏っている」といった批判を受けて一時中止した波紋が広がっている。”

らしい。

・『書店は主張しちゃダメですか 「民主主義フェア」の波紋』http://goo.gl/j49uQO

・『ジュンク堂民主主義フェアを見直し 店員ツイートに批判』http://goo.gl/DbzOdx

Continue reading “書店の独自性”

Amazon 恐るべし

夜10時半頃、Amazon に注文した「日用品」(販売価格700円、送料なし)が「通常発送」で翌日お昼に発注品を受け取った。価格が安いだけではなく翌日に届くというこの配送力はすごい!これでは大概の小売店は太刀打ち出来ないと思う。どんな収支が成り立っているんだろうか・・・

【追記】たまたま早く届いたのかもしれないと、数日してまた注文してみた。日用雑貨(販売価格は900円、送料無料、通常配達)も翌日午前10時半ころに届いた。

日本で報道されないフクシマ

MailOnline20151015 1

Mail Onkine というイギリスのサイトに掲載されている福島の現状を英国のカメラマンだ撮った写真。なぜ日本のマスコミは取り上げないのだろうか?MailOnline20151015 1写真の中に写っている無数にある「黒い袋」には恐れを感じます。昨今の貧困な政治の集大成を見ているようです。MailOnline20151015 2この写真でなくともこの状況は報道されてもいいじゃない。安保にしてもTPPにしても峠を超えたら途端にしぼんでしまう。

 

増えてきた訂正記事

朝日新聞の訂正記事が多くなったように思う。今までは小さな活字で隅っこに概要だけが書かれていたが、一ヶ月ほど前から訂正記事の掲載が多くなり、遂には堂々と訂正欄を設けて一般の記事とかわりのないように市民権を得てしまったようだ。慰安婦問題や福島原発に関する報道を受けての「改善策」だろうが、訂正記事の掲載が全てを帳消しにするはずもない。

間違った記事を掲載してそれに気付いた時には訂正することは当然である。このところの訂正の多さに、過去も同じようにあったが公表していなかったのではないか、との疑念も湧いてくる。記者の質が落ちたのか取材不足なのかその後の検証調査ができていないのか。マスコミに携わるもの、もう少し気を引き締めて取り組んでいただきたいものです。