八戸市の公営書店

八戸市営書店(八戸ブックセンター)ができるそうだ。95坪、年間約4,000万円の赤字を承知でやるらしいから周りの書店は堪ったものではない。しかも、自分たちが収めている税金が当てられるなんて耐えられないはず。ただでさえ減り続ける中小の小売書店、雑誌・コミックなどの一般書店が扱うものは置かないらしいがどうなんだろう。青森県八戸市の人口は 234,000人(平成28年度)、一人あたり170円が運営費として取られる。納税していない人もいるので単純割しても意味はないが、一人300円以上を書店の方々も同業者の経営に力を貸すことになるのではないか。市内に書店は、本屋ガイドによれば39店、タウンページで27店掲載されている。どれほどの書店が生き残れるのだろうか・・・。

かって、高架工事で駅が高架になり改札口の前にチェーン展開する書店ができることになったので、25年続けてきた私達の書店を閉めることにした。もう17年も前のことになる。私達とは違って公の組織が店を襲ってくる。しかも自分たちが収めている税金を使って。お店の従業員も含めて複雑な思いだろうと察します。

■八戸市の告知(八戸ブックセンター

■Huffingtonpost(「青森県八戸市が直営施設「八戸ブックセンター」開設へ」)

「本のまち八戸」を目指し”市営書店”をオープン!アルコールが飲めるスペースも